外構工事などのリフォームや、家屋解体業者のまとめ

HOUSE CHECKER

ニューエントリー

sarachi

更地

現在存在する物件をひとしきり撤去して更地にすることを、家屋解体と呼ぶ。家屋解体を行うにあたっての背景…

機能回復

Reform

一般的にリフォームという言葉は、今現在かなりひとり歩きしている印象であるといえる。
その言葉から浮かんでくるイメージは、家屋解体ともいうべき大掛かりな工事。
そして、ほぼ建て替えを行っているかのような新しい住居が手に入る。
そう感じさせるに十分なイメージが昨今のテレビ番組などの影響などから与えられているように見受けられる。

その結果、リフォームとリノベーションという言葉の混同がより激しくなっているといえる。
もともと類似した意味を持つ2語であるが、そこには明確な違いがある点に着目すべきである。

リフォームとは、本来存在するはずの機能が経年劣化により失われたのを取り戻す工事のことを指す。
よって、例えば壁紙を張り替えたり、水回りの異常を修復したり、比較的コンパクトな工事になる傾向が強いといえる。
リフォームを行うこと自体はそこまで大業なことではなく、それこそ便器を入れ替える、それすらもリフォームなのである。

リノベーションに関しては、さらなる機能獲得を求めて工事を施工することを指す。
リフォームを行うにあたって、建設当初から時間が経過した結果機能が進化して改良するように感じられるが、リノベーションはそもそもの「改造」になるのがポイントである。
例えば、分譲マンションなどを購入したとして間取りを変更するような工事。
これもまた、リノベーションに類されるものである。

種類

syurui

リフォームできる場所は、住宅や建物の随所に存在している。
例えば水回りはわかりやすいリフォームの代表であるといえる。
使いにくいキッチンから、便利なシステムキッチンへ入れ替え。これもまた、立派なリフォームである。

また、外壁塗装リフォームは非常に重要な役目を持つものとして重要視出来る。
外壁塗装は風雨から建物を守っている存在であり、それが劣化するとどうしても建物の老朽化が加速するようになってしまう。
それは、塗装の塗膜が風雨を防ぎきれなくなり、建物に浸水して内部構造が侵食されるためである。
現在建造物に利用されているコンクリートは、耐水性はなく水を吸収してしまう。
すなわち、きちんと防水加工を行っていないとみるみるうちに風雨は侵入してくるのである。
よって、外壁塗装リフォームは定期的に行う意義があるのである。

このように、本来ある機能を取り戻すために利用するのがリフォームである。
そしてリフォームの結果、新しいものはより機能が向上しており、居住性も高まるといえるのである。

間取り

madori

住宅を決めるにあたって、場所などの条件は非常に重要である。
また、マンションなどの集合住宅ならばその場所のみならず、共用部の居住性や内装も重要だといえる。

分譲マンションならば、建物内の構造を自分の求めるがままにリフォームを行ったり、リノベーションを行ったりすることが出来る。
よって、2LDKだった物件を3DKに改装したり、逆に1Rにしてしまったりすることも可能なのである。
もちろん水回りの変更が物件によってはできないこともあったりするなど、多少の制約はあるもののリノベーションによって思い通りの物件を手にすることは十分可能である。

よって、新築マンションを購入するのみならず中古マンションを購入して、欲しいように改装するという手段も取れるのである。
そうすることによって、希望の立地で希望の物件を手にすることも実現しやすくなるといえる。